人気ブログランキング |

2005年 06月 02日 ( 1 )   

アロマサロン開業・営業のコストについて   

2005年 06月 02日

アロマセラピーのサロンを開業したいと夢見ている方の中には、
必要な物はベット、タオル、精油、キャリアオイル。
経費は精油とキャリアオイルだけ。
だから、トリートメント代のほとんどは収入になる。
とっても美味しいお仕事〜〜!!
と、考えていらっしゃる方が少なくないことに驚いています・・・( ̄□ ̄;)

・・・。
ありえません。
サービス業です。
見えないところで、沢山経費がかかるんです(><。)。。

え〜と、見やすいところ、分かり易いところでは。
エッセンシャルオイル・キャリアオイル以外に、
クレンジング・パック・精製水・エタノールなどの基材
コットン、ティッシュ、使い捨てスリッパ、ペーパーショーツなどの消耗品
ハーブティやお茶のサービスをすれば、その費用。
パンフや名刺、リーフレットなどの紙代・印刷代。

見えないけど、分かりやすいところで・・・、
光熱費、水道代、洗濯洗剤、クリーニング代、掃除の為の洗剤など。

意外と見落としがちなのが、タオルの消耗!!
オイルの酸化臭や精油やキャリアオイルによるシミ、
洗濯や摩耗による毛玉などで、
タオルは、早ければ1ヶ月、持っても半年で買い換えです└(T_T;)┘

さらに、洗濯機やフットバス、ホットキャビ、ベットなどの減価償却。
一定年数を超えると壊れて買い換えが必要になります。
激しく洗濯をしますので、洗濯機の故障は早いです。
一般家庭の比ではないです・・・<(T_T)>
その上、大型の物が必要なので、買い替えるのも高いし・・。
いざ故障した時のために、収入の中から、
運転資金として計上しておく必要があります。

その他、
セラピストの服やルームシューズ。
カーテン、テーブルクロスなどリネン類の交換費用。

また、長く続けようと思えば、
5〜10年後には天井や壁紙の張り替えなども必要になるかも。
絨毯のお部屋なら、張り替えの可能性も。
自分が生活する部屋なら、多少汚れやシミがあっても気にならなくても、
クロスが剥がれかけた部屋のサロンって・・・、気になりますよね。
賃貸の場合、新しいところに引っ越すという手もありますが、
その場合、引越や新たな賃貸契約に費用がかかります。
これらの費用は、リフォームした時や引越をする時に
経費に計上することになりますが、
開業した時点で、将来に備え少しずつ、
収入の中から用意するように考えておく必要があります。

他には、仕事として、きちんと開業するわけですから、
セラピストの健康保険、年金、事業税、場合によっては消費税も
しっかり経費として計上する必要があります。
あ、あと、セラピスト保険も必須ですね。

大抵のセラピストはどこかの協会に入っていることと思います、
そうすれば、その年会費も経費です。

また、サロンを開業したからには、
お客様により良いサービス、より安全で安心なサービスを提供するために、
セラピストは自分の技術を磨き、知識を増やす必要がありますよね。
そのためのセミナーや講習の受講費、セラピストの交流会の参加費。
参考書籍などの購入も必要ですよね〜〜。

その他にも、必要な物、ことはたくさんあります。
それら全てを、トリートメントの代金として頂いたお金でまかなうのです。
ほとんど、経費かサロンの将来の為に消えていきます。
ハッキリって、ぜんぜん美味しくありません。

サロンを開いて、リッチで自由な生活が夢というのでしたら、
かなり、道はキビシイのです(*'へ'*)

by fullmoonlights | 2005-06-02 18:48 | 【体験談】サロン開業まで・・・ | Comments(18)