2006年 12月 17日 ( 1 )   

言葉の力   

2006年 12月 17日

makiさんのブログの少し前の記事なのですが、
「言葉の波動」の記事を読んで、


「うざい」「死ね」という言葉の波動、言霊によって、
子供が感じる影響について、
そういうこともあるんだなぁ〜
と、思ったものの。

実は、あまり実感がわかなかったんです。

「うざい」「死ね」という言葉を言われることは、
ほとんどない生活をしているためかもしれません。
それは、幸福なことだと感謝しています。

最近、少し、実感する機会がありました。
あ、「うざい」「死ね」って言われた訳じゃないですよ〜

携帯でカードゲームのソリティアをダウンロードしました。
一つのソフトで2つのゲームが楽しめる、
ダウンロードしてしまえば通信料もかからない、
とってもお得なゲームです。

ただ、そのゲームの1つが、
クリアすると、ネコのキャラクターが
「ナイスだぴょ」(なぜか語尾が「ぴょ」。。)
と、言ってくれるのですが、
失敗すると、「ムカツクぴょ!」
と、言われます。。。

たかがゲームなのですが、
成功したときと比べて、
失敗すると、ちょっと。。。ですよね。
そこで毎回、「ムカツクぴょ!」
って、言われると、こっちもちょっと「ムカツク」んですよね。
で、そのうち、ゲームをしたくなくなる。。。

もう一つのゲームは、失敗しても、
「もう一回!」とか言ってくれるので、
気持ちよく続けられます。

たかがゲームなんです。
だから、正確には言われるんじゃなく、
ネコのキャラクターと一緒に表示されるだけ。
それでも、毎回「ムカツクぴょ!」って言われるのは、
すごく、気分が悪いですね。

最近の小学生は、
「うざい」「死ね」
気軽に、会話のなかで使ってるらしいです。
言葉の最初や最後に。

かといって、ゲームのように、
勝手に会話をやめることもできない。

心の奥に、不快な固まりを抱えたまま、
にこやかに会話を続ける。

辛いですね。

もっと、優しくて、柔らかくて、気持ちよくて、
心地よい、環境で成長できると、
きっと、未来が変わるのにな。
って、感じました。




楽しく読んでいただけたら

_ρ(。。) プチっとクリック 応援お願いします!


mixiとアロマサロンからのご案内もまめに、更新中です♪

アロマセラピストの書庫
新潮45 江原さん特集号の
「A・NO・YO (あのよ)」の紹介しています♪
すごい人気で、増刷されたそうです!!

by fullmoonlights | 2006-12-17 20:35 | ヒーリング | Comments(2)